フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

氷瀑 ~ 七条大滝

 

f:id:pixt:20180221011330j:plain

 

今週日曜日まで支笏湖では氷濤まつりが開催されていました。

毎年撮影をしているのですが、今年はその機会を逃してしまいました。

🔽風邪の話ししかしていませんが(笑)、写真は氷濤まつりのものです。

 

www.pixt-photo.com

 

冬らしい写真を撮りたいと半ばやけになって(笑)、支笏湖へ向かい車を走らせました。

札幌から支笏湖を通り千歳方面に向かうと、七条大滝に向かう道があります。

随分前から滝が氷って氷瀑(ひょうばく)が見れると聞いていいたのですが、こちらも機会がなく、撮影する事はありませんでした。

思い立ってそちらの撮影へ向かったのです。

 

車を停め、撮影しながら歩く事30~40分。

見つけました。

氷瀑です。

 

f:id:pixt:20180221003104j:plain

 

 

f:id:pixt:20180220231915j:plain

 

つららのカーテンの窪みから水が流れ落ちていました。

「おおおっ!」

思わず声が出ていました。

これは美しい。

 

雪が降り出し、更に良い雰囲気に。

行きは人とすれ違い挨拶を交わしたので撮影している人がいると思っていたのですが、着いた時には自分一人きり。

崖伝いに道があるのですが、人一人が上り降り出来るくらいの細い道、しかも雪で足場はかなり不安定、足がとられます。

一人で撮影するのはある程度自由に撮れて嬉しい事ではありますが、何にしても一人な訳で、何かあっても助けがないと言う事です。

なので無理をせず、そして次に撮影に来られる方の為にも新雪を踏まずに戻って来ました。


 

f:id:pixt:20180221011150j:plain

 

人の勧めは聞いておいた方が良いですね。

こんな撮影が出来るとは思っていませんでした。

 

近場で探せば、まだまだ感動が眠っているのかもしれません。

寒さが苦手で、冬は出不精だった自分がカメラを背負って歩くのも、皆さんの写真に影響されているのかもしれませんね。

暫く自分の写真を撮っていないと、焦り?…に似たものを感じるようになりました。

もっと、もっと。

寒さが苦手なのを返上して、北国らしい写真を撮りたいと思うこの頃です。

 

  

黒い補食者

 

前回、今期2度目のダイサギの撮影をして来ました。

f:id:pixt:20180211173141j:plain
 

ゆったりとしたダイサギの動きに合わせてシャッターを切っていると、ファインダーの中に何か黒い物体が飛び込んで来るのが見えました。

一瞬の出来事だったのでその瞬間は撮れていないのですが、ダイサギの斜め左上にそれは写っていました。

 

f:id:pixt:20180211190659j:plain

 

お分かり頂けるでしょうか。

黒い小さな生き物が、羽を休めていた鴨を捕まえたところです。

鴨は一撃で動かなくなっていました。

 

 

f:id:pixt:20180211193740j:plain

 

犬のような黒い生物にピントを合わせたのですが、水しぶきが邪魔をして、手前の鴨にピントが合ってしまいました。

残念な一枚です。

 

f:id:pixt:20180211194324j:plain

 

捕らえた鴨の首を咥え、引きずって持ち帰ろうとしている生物。

これをアップにしてコントラストをあげてみました。

 

f:id:pixt:20180211194606j:plain

 これは…カワウソ?

 

いえいえ、ニホンカワウソは絶滅していますし、コツメカワウソも自然繁殖はしていません。

イタチかと思い画像検索をしてみたのですが、冬場の毛の色が違います。

テンとも毛色が違います。

画像検索を続けて出た答えは、 ミンクでした。

 

北海道では昭和20年代にアメリカからミンクを持ち込み、毛皮を作る為の工場がいくつか作られたと言います。

昭和60年代に逃げ出したミンクが自然に適応し、繁殖したのが確認されています。

その後、毛皮工場はなくなったもののミンクは繁殖を続け、北海道の殆どどこにでも見られる外来種となったのです。

その姿は可愛いのですが、日本古来からの在来種の存在を脅かす害獣なんですよね。

秋にはあらいぐまも目にしていますし、外来種の問題は深刻なのだと思います。

 

それにしても…。

カワウソだったらなぁ。

絶滅したニホンカワウソ、撮ってみたかったです。

 

 

ダイサギ ~ 再び

 

f:id:pixt:20180207175705j:plain

 

半日時間が出来たので再び撮影出来ればと思い、前回ダイサギを撮ったポイントへ行ってみました。

 

が、姿が見えません。

時間が無情に過ぎて行き、そろそろ戻らねばと帰り支度をしていると…

天使が舞い降りました (笑)

 

そうそうタイミング良く降り立ってくれないだろうと思っていたのですが、現れてくれました。

ダイサギです。

冬の餌場は限られてきます。

ここを餌場にしているのではと思っていたのが当たりました。

 

驚かせないようにゆっくりと撮影準備を。

小魚をついばみ、ダイサギは飛び立って行きました。

 

f:id:pixt:20180207175853j:plain

 

 

f:id:pixt:20180207180004j:plain

 

撮影中、思ってもいない生物の補食シーンも撮影出来ました。

それは次回に。

 

ダイサギの優雅な舞いに見とれてしまいました。

本当に美しい鳥です。

このまま山にこもり『池中玄太80キロ』になりそうな自分がおりました (笑)

 

 

 

    

冬の景色 ~ その弐

 

f:id:pixt:20180204233547j:plain

以前の記事のダイサギです。

🔽 www.pixt-photo.com

 

飛び立つ一瞬を狙いました。

フレームインしていますが、ギリギリでした。

脚が切れなくて良かった(笑)

バランスをとる為に妙な位置にサインが…。

載せようかどうしようか悩んだ一枚です。

  

 

f:id:pixt:20180204222543j:plain

 つららです。

言われなくても解りますよね (笑)

久しぶりにモノクロの感じを楽しみました。

学生時代は暗室で現像から焼き付けまでやりましたね。

酢酸の匂いが懐かしい。

荒い感じでトライX感を出してみました。

 

 

f:id:pixt:20180204223131j:plain

 今年は例年になく厳しい寒波に見舞われています。

東京や九州にまで雪が降り、雪景色は珍しい写真ではなくなりました。

そんな中、寂しくて静かな一枚を。

 

 

これからまた大雪を伴う寒波が予想されています。

皆さんどうぞ外での移動には気を付けて。

風邪も流行しています。

体調管理に今一度気を付けて下さいませ。

 

 

 

マット ぽかぽかマットPOCKET 猫 ベッド OVAL

価格:4,320円
(2018/1/5 02:48時点)
感想(2件)

冬の景色

穏やかな冬の一枚 

f:id:pixt:20180129233549j:plain

 

前回のダイサギを撮った池なのですが、連日の寒気で徐々に氷が広がっています。

水の流れのある場所を探して水鳥が集まっていました。

穏やかな冬の日の一枚です。

 

荒れた冬の一枚

すると3日後大雪が…。

これも撮っておこうと思ったのですが、完全にホワイトアウト。

 

f:id:pixt:20180130125534j:plain

 

もはや何の写真なのかも解りません (笑)

暫く車の中で待機し、小降りになった所を待ち再度撮り直しました。

 

f:id:pixt:20180129235041j:plain

 

街灯が良い雰囲気だったので画像をしっとりと加工すると、絵画のような一枚に。

 

 

思い出した拙い想い

自分、昔から絵画のような写真を撮るのが好きでした。

学生当時は『フランソワ・ジレ』の写真を、真似て撮るのがマイブームだった時期があります。

写真が絵画のようになる、その魅力にハマっていました。

ところが自分の恩師は

「写真は写真。敢えて絵画のように撮る必要はない。それなら絵画を見た方がいい」

そう言われ、自分の作品を一蹴したものです。

 

 

 良い写真とは   

大手の写真コンテストで大賞を取った作品を見ると、思わず唸るくらい凄いと思うものがあったりします。

大胆な構図に一瞬を切り取った貴重な一枚。

見た人の多くが素晴らしいと思うことでしょう。

また大賞を逃してしまった作品の中に、個性を感じ、いいなと思う写真があったりもします。

大賞には届かない『何か』が足りなかったのでしょうが、それが大賞を取った作品に比べて劣っていると言えないと思うのです。

今は誰もがスマホやカメラで写真を撮り、簡単にInstagramやSNSで発表出来る時代となっています。

良い、悪い、は誰が決めるのでしょう。

見た人それぞれの好みなのだと思います。

その写真を見た人が、好きか嫌いかを判断する。

ただそれだけです。

 

 

 つらつらと考えるに…

著名なカメラマンが撮った写真を見ても、どうも好きになれないという事もあります。

ツイッターを見ていて、多分スマホで撮ったであろう写真でも、あぁこの写真好きだなぁ…と思うものもあります。

撮る方も、見る方も、それぞれの感性。

そこに良し悪しなどないのです。

 

今なら恩師に対して

『自分はこの写真が好きなんです』

そう言えるのですが…

当時は言えませんでしたね。

それは、自分の写真に自信を持つ事が出来なかった未熟さだったのかもしれません。

かと言って、今は自信がある訳ではないのですが。

好きなものは好き。理由はない。

そんな開き直りに近い感じでしょうか。

 

仕事では、個人の好みは横に置いておき、クライアントの好みにいかに近いものが撮れるか、それが求められます。

その為に、技術や経験が必要になります。

なので楽しいながらも、結構大変な作業だっりするのです。

『そこはそうじゃないな』と思っても、折れなくてはいけない事も多々ありますし。

それはどんな仕事においても同じなのだと思います。

 

写真は好きなものを好きなように撮るのが一番楽しい。

楽しんで撮ったものは、写真に出る、そう思うのです。

これは自分の勝手な考えですから、反論は受け付けていません (笑)

 

低気圧による強風が低い唸り声をあげる中、 竜巻のように舞い上がる白い雪を眺めつつ、そんな事をつらつらと考える、危機感の薄い自分なのであります。

 

 

【2017年新作・DOLCEGATTO】オリジナルハンモック【猫ハンモック 猫ベッド キャットベッド ペットベッド ベット ねこ ネコ 】

価格:1,598円
(2018/1/5 02:42時点)
感想(0件)

ダイサギ

 

f:id:pixt:20180126185239j:plain

 

冬の写真を撮りに郊外へ。

このところの寒波で池も氷り、水の流れのある所には、野鳥が水草や小魚を求めて降り立っています。

望遠レンズでなくとも何か撮れないかと思って行ってみたのですが、いました。

ダイサギです。

それも近い…。

ダイサギは小魚をついばみ時々こちらを警戒しますが飛び立つ様子もなく、満足行くまでその姿を撮らせてくれました。 

 

f:id:pixt:20180126193038j:plain

 

さすがに寒さに震えがきて手ブレしないか心配でしたが、何とか撮れました。

 

それにしても…

もっと長い望遠レンズが欲しい。

それを言い出すと、カメラはきりがないんですけどね。

 

 

 

ペティオ necoco キャットロールベッド 《ベッドとしてもクッションとしても使える》【猫 ベッド】

価格:2,315円
(2018/1/5 02:50時点)
感想(0件)

小さなフルート奏者

f:id:pixt:20180122113738j:plain

 

個人のご依頼を頂いて撮影させて頂きました。

小さいけれど立派なフルート奏者です。

緊張に負けじと一生懸命に演奏する姿に感動しました。

大人になった時、良い思い出としてこの写真を見てくれたら嬉しいなぁ。

 

 

 

 

ドギーマンハヤシ 暖かからだ保温ぶとん M レオパード【ペット マット 布団 あったかグッズ】

価格:4,480円
(2018/1/5 03:08時点)
感想(0件)

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます