フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

鬼平犯科帳

 

深夜の時間帯に時々アニメを放送しているのは知っていましたが、まさか『鬼平犯科帳』をアニメとして放送していたのは全く知りませんでした。

 

風邪薬を飲んで寝ていたもので、夜中の変な時間帯に目が覚めて、ぼ~っとTVを見ていて驚きました。

 

やけに絵柄のきれいな時代劇風のアニメだなぁと見ていたら、何と『鬼平犯科帳』。

 

鬼平と言えば中村吉右衛門さんが鬼平役をやっていた時代劇で、昨年シリーズが完結した筈なのです。

 

時代劇はあまり見ない自分なんですが、鬼平だけは好きで見てました。

 

何が気になったのか。

多分、最初はエンディング曲のジプシー・キングスの『インビテーション』を聞いてからだと思います。

 

時代劇にジプシー・キングスですよ。

 

「ええぇ…」

と一時は引いたのですが、エンディングの春夏秋冬、多分当時の人々の、ごく普通の生活だったであろう日常の風景と、このジプシー・キングスの曲が上手いこと相まって、目と耳から直接胸に響いてきたのです。

 

時代劇『鬼平犯科帳』のエンディングは見事でした。

春ははらはらと桜の花びらが舞い、夏は風鈴売りが天秤屋台を担ぎ歩く。秋は鮮やかな紅葉と橋。冬は雪の降る中、仕事帰りの町人が屋台で蕎麦を食べて体を温めている。

そんな映像が流れるのです。

 

なんかいいなぁ、と思ったものです。

江戸時代の生活って、実際、こんな感じだったんだろうなぁと想像が膨らみました。

 

そこにジプシー・キングスです。

 

これをキャスティングされた方はかなりの凄腕だと唸りました。

 

ジプシー・キングスと言えばラテン系のノリの良い曲がすぐに浮かびます。

以前はビールのCMにも起用されていた曲「volare」、覚えている方も多いと思います。

キリンの淡麗生のCMでしたね。

 

♪  ボーラレ オゥッオ!

      カンターレ  オォッ  オォッ  オォッ!

 

… 解ります?

 

♪  volare  oh  oh

      cantare  oh  oh  oh  oh

      nel  blu  dipinto  di  blu

      felice  di  stare  lassu

 

これ、イタリア語らしいんですが、一時は有線でもかなりかかっていました。 

聞いていて自然と足が動く、そんな小気味良い曲なのです。

 

鬼平のエンディングの『インビテーション』は歌のない曲だけのインストルメンタルで、volare よりも感傷的な曲調で、これが何故か時代劇の映像にピッタリと嵌まっていたのです。

 

そして鬼平の良さと言えばライティング。

他の時代劇を見ていないので比較は出来ませんが、緊迫感を出す為のアンダーで鋭利な光りの使い方が本当に優れていたのです。

ライティングの仕方ひとつで、写し出されている人物の心情を言葉なくして表現してみせる、自分は見事に演出にはまりました。

 

そして何よりも魅力的だったのは登場人物。

もうね、良い役者さんのオンパレードでしたから。

 

主人公の鬼平役の中村吉右衛門さんをはじめ、密偵の「相模の彦十」役の江戸家猫八さん、「小房の粂八」役の蟹江敬三さん、「おまさ」役の梶芽衣子さん、「五鉄の亭主」役の藤巻潤さん、「筆頭与力、佐嶋忠介」役の高橋悦史さん等々、個性的な面々が演じていました。

 

蟹江敬三さんと江戸家猫八さんが亡くなられた時は、「あぁ。もう粂八も彦十も見られないんだ…」とショックだったのを覚えています。

 

猫八さんなんか、そこに居ない蚊に刺された足が痒いと、別の足ですりすり掻いていた演技がもうね、役者でね、上手いとしか言い様がなかったですから。

 

原作の池波正太郎さんが、原作に沿う内容が無くなったら終わらせて欲しいと言っておられたらしく、またそれぞれの役柄で色を放っていた役者さんが欠けて行き、中村吉右衛門さんがとうとう昨年、シリーズ完結を公表したのです。

 

調べてみましたら、平成元年にスタートしたTVシリーズも28年間で150作品。

45歳設定の長谷川平蔵も、当時同じく45歳だった中村吉右衛門さんと共に歩んだ作品だったのです。

何とも感慨深い。

 

f:id:pixt:20170228235544j:plain

 

さて、鬼の平蔵は実在の人物だとご存知でしたでしょうか?

実は自分は、架空の人物だと思っていました。

池波正太郎さんが作り上げた人物なのだと。

 

 

長谷川平蔵たる人物が、火付盗賊改め方  長官であったのは1787年 (天明7年) ~1795年 (寛政7年)までの8年間だったとの事。

人生50年の時代でしたから、それほど短い期間ではなかったのかもしれません。

 

 

そして中村吉右衛門さんの代表作の鬼平ですが、実は中村さん以前にも3人の役者で作られていたらしいのです。

 

八代目  松本幸四郎さん (1969年~1972年)

丹波哲郎さん (1975年)

萬屋錦之介さん (1980年~1982年)

二代目  中村吉右衛門さん(1989年~)

 

ここまで掘り下げると流石に自分も解らない話しになって来ました。

 

 

自分が唯一好きだった時代劇。

 

劇場版も含め、シリーズはDVDになってレンタルされています。

 

連休が取れたら、まとめて借りてきて一気に見たいと思う今日この頃なのです。

 

 

 

 

 

 

 

今日一番 笑った画像

 

風邪っぴきの自分を元気づけようと、

(咳が辛いのに笑わせようと)、友人が送ってくれた猫画像です。

 

笑いました。

超可愛い。

 

こんなベストショットを撮れたらいいなぁ。

 

 

f:id:pixt:20170228161244j:plain

 

f:id:pixt:20170228161305j:plain

 

f:id:pixt:20170228161328j:plain

 

f:id:pixt:20170228161353j:plain

 

f:id:pixt:20170228161408j:plain 

 

f:id:pixt:20170228164112j:plain

 

 

 

いや本当、可愛い (笑)

 

なごみました。

 

 

 

 

結局 病院へ

 

昨日の風邪気味が時間と共に悪化しまして、体中が痛くて立ってもいられず、水を飲んでも吐くと、これはちょっと普通じゃないと思いまして、本日、病院へ行ってきました。

 

朝に計った熱は38.1度。

インフルエンザじゃなかったのが救いでした。

 

人間、体調不良だと考える事もネガティブになります。

このまま朝を迎えられないんじゃないか、とか。

孤独死で、干からびてから見つかるのは嫌だなぁとか。

 

辛いのに、ちょっと部屋を片付けたりして(笑)

 

今は大量に出された薬を飲んで、昼間っからベッドの中にいます。

眠れったって、そうそう眠れないですけど。

 

皆さん。

体調が良くない時は悪化するのを待つのではなく、早め早めに手を打って、安心&健康な体を取り戻しましょう。

 

2月3月は、まだまだインフルエンザが幅を利かせる時期でもあります。


どうか本当に気を付けて下さいませ。

 


f:id:pixt:20170225142931j:image

 

 

 

 

写真投稿の方法

 

カメラのメモリカードはカメラごとにそのサイズは違っており、自分がよく使う Nikon のカメラなら CF サイズで、 Nikon の D5100 や Canon の 50D や 7000 ならSDサイズと、使うカメラによってカードのサイズも違ってきます。

 

仕事では、撮影後のメディア渡しが当たり前になっています。

撮ったらそのままスタジオへ渡して終わりです。

 

個人で撮影した画像は、メディアと、メディアから焼き増ししたDVDのダブルで保存をしています。

 

皆さんはどのようにしてブログを投稿しているのでしょう。

やはりパソコンからが一番多いのでしょうか。

 

自分は主にスマホから投稿しているので、パソコンから画像を探して投稿するよりも、もっと簡単にメモリカードから直接スマホに画像を取り込めないか考えていました。

 

探せばありますね。

UBSカードリーダーと言うものが。

CF、SD、microSD と、カードサイズを選ばずに読み込める優れモノです。

 

f:id:pixt:20170224060845j:plain

 

最近ではスマホの microSDカードを差し込み、そのままCFサイズに変換出来るアダプターまであります。

 

f:id:pixt:20170224060635j:plain

 

どちらもヨドバシカメラでお手頃な値段で販売しています。

 

 

最初は変換アダプタを使っていたのですが、なにせ microSD カードは取り扱いに神経を使います。

小さいだけに落として傷でもつけたら最悪です。

なので結局、マルチリーダーを使う事にしました。

 

 

順調に読み込みが出来ていたのですが、ある時にプッツリと読み込めなくなりました。

原因は不明。

多分どこかで手順を間違えて、スマホかマルチリーダーにトラブルが起きたと思うのです。

 

スマホの「UBS機器を検出」を押すとマルチリーダーの電源が入るので、完全にイカれた訳ではないように思うのですが、結局、スマホアプリのどのファイルを使っても撮影した画像を開く事は出来ませんでした。

 

ならば。 

奥の手しかない。

  

あまりいじりたくはないのですが、スマホの「開発者オプション」を強制的に開き、UBSデバッグを操作する事にしました。 

(末端情報を8回ほど連打すると『開発者オプション』が出てきて操作出来るのです)  

大抵はこれで反応するはずなのですが、結局読み込みは出来ませんでした。

となればマルチリーダーに問題ありなので、また新しく購入するしかなさそうです。

 

☆★☆★☆★

 

必要あるか解りませんが、UBSカードリーダーを、スマホで強制的に繋ぐ方法を書いておきますね。

誰かのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

まずスマホの設定を開きます。

歯車マークみたいなのですね。

バッテリー使用量とか、Wi-Fiの切り替えなどがある所です。

そのページを下にスライドして、一番下まで行きます。

そこに『末端情報』がありますので、それをタップ。

次のページも一番下まで行くと『ビルド番号』と出ますので、これを7~8回、タタタタ…とタップします。

すると先ほどの『末端情報』のすぐ上に『開発者向けオプション』が表示されます。

ここをタップし『UBSデバック』と『UBS経由のアプリを確認』の2ヶ所にチェックを入れます。

 

スマホのファイルアプリ(自分はYahoo使用)を開くと、今まで反応していなかった『UBSメモリを認識』して外部デバイスファイルが出て来ます。

 

そして、ここが多分、自分が失敗した所だと思うのですが、UBSを外す時に特に気を付けて下さい。

 

そうです。

順番を間違えると困った事になりますので。

 

UBSを外す際は『設定』→『ストレージ』→『UBSストレージのマウント解除』を順番通りに選んでから、変換アダプターからUBSメモリを取り外します。

前回、上の手順をどこかで間違えて、使えなくなってしまったと思うのです。

 

開発者の権限を利用するので、出来れば色々なトラブルを避ける為にも、この方法は最後の最後に試して下さいね。

何か問題が起きても、後はSHOPでしか対応出来なくなりますので。

 

取り敢えず、デバイス関係のプチ情報でした。

  

 

 

 

ブログランキング、おかげ様で半分より上に来れました。

心象風景は11位です。

皆様のご協力に感謝です。

ポチ押しが2箇所に増えて恐縮ですが、引き続きご協力頂ければ、きっと風邪も良くなると思います(笑)

宜しくお願い致します。

m(__)m✨

 

風邪っぴき

 

f:id:pixt:20170223153417j:plain

 

 

外での仕事が続き、一昨日あたりから寒気と喉のイライラの症状が出て、これはマズイかも、と思っていたら…

 

案の定、風邪の確定、来ました。

 

頭の鈍痛と1時間に1回くらいの変な咳。

 

熱は出ていないのでインフルエンザではないと思うのですが、病院へ行くか自力で治すか、ただいま難しい判断に迫られています。

 

ここで悪化すると、週末の病院の休診にあたります。

ですが症状としては風邪の初期症状で、病院へ行くほどでもないのも確かです。

なので、市販の葛根湯で何とか現状を維持しています。

 

風邪で病院を受診しても、今は注射などしないみたいですね。

飲み薬の処方だけと聞きます。

 

だとしたら受診に半日かけるのは出来れば避けたい。

 

う~ん。。。

 

自力で治るかな。

 

ビタミンサプリも買っておこう。

 

背中の辺りが寒いので、張るカイロも買っておこう。

 

起きれなくなったら困るので、食料も少し余分に買っておこう。

 

水分もしっかり摂らなきゃならないし。

 

あぁ。

さっさと病院へ行った方が早いのかな。

 

 

 

同じ事をぐるぐると考えては、なかなか行動に移せない。

優柔不断も悪化している自分です。

 

 

 

 

春一番 ?

 
♪  雪やこんこ   あられやこんこ
      
      降っても   降っても   降っても ……
 
      降っても…
 
      降っても…
 
 
f:id:pixt:20170221012705j:plain 
 
…って、降りすぎですわ。
 
春一番って何ですか? (笑)
 
やっぱり日本って南北に長いんだなと、つくづく感じました。
 
雪は明日も続く予報で、北海道の春はまだまだ先のようです。
 
 
 

 

 
ブログランキングに参加しています。
↓の『にゃんこ』をポチっと押して下さいませ。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。
 
  m(__)m✨
 
 
 

父のカメラ

 

f:id:pixt:20170215202134j:plain

 

蛇腹式の古いタイプのカメラ

MAMIYA-6

父の遺品にと、母が自分に渡してくれたものです。

 

父も写真を撮るのが好きだったようで、このカメラで撮ってくれた写真が、自分のアルバムに貼ってありました。

6×6版なのですぐに分かります。

 

ブローニーフィルムかぁ。

懐かしいなぁ。

 

自分も 過去にMAMIYA の6×7を使っていた事があるので、ブローニーはとても懐かしく感じます。

 

 

このカメラ、普通にタンスにしまっておいたみたいで、革製のカバーにはカビが付着していました。

酢を薄めた水でカビを拭き取ったけれど、それが処置として正しいかは解りません (笑)

 

レンズとカメラの中には、見てとれるカビはなかったので取り敢えず安心しています。

 

当時はいくらで購入したのか解りませんが、今は割りと安くオークションに出回ってますね。

6千円台でしょうか。

 

 

革製のカバーは何度も繕い直した痕がありました。

大切にしていた事が良く解ります。

 

 

 

時間をかけて自分の所へ来た父のカメラ。

 

カビを取って動きも確認しているのですが、何故か使えません。

 

機能的には問題ないのでしょうが、使う気持ちにならないのです。

 

父が何を考えてファインダーを覗いていたのか、ピントを合わせる時に何を思っていたのか。

 

それを考えると、撮影する事が出来ないのです。

 

 

 

 

今月、父の七回忌。

 

MAMIYA-6を持って、桜でも撮りに行こうか。

 

少し古いカメラを眺めて、出来ない予定を立てています。

 

 

 

 

 

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます