フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

羽生名人『永久七冠』で思うこと

ランキングに参加しています ご協力お願いします

 

羽生善治さん、凄いですね。

将棋のルールが解らない自分ですが、将棋好きの方に話しを聞いて、『永久七冠』が人間業ではないと知りました。

唯一無二。

例える人がいないくらい凄い事なのだと。

 

他人とは思えない羽生名人  

 

随分前から、自分は羽生名人が気になっていました。

羽生結弦くんではなく、羽生善治名人の方です(笑)

なんせ羽生名人は…

 

 

 

姉の旦那さんによく似ているからです。 

HA HA HA HA HA ~ !!

 

 

 

いえ、これは冗談ではなく本当に似ているのです。

顔もそうですけど、いつでも落ち着いているところとか。

笑ったりしたら

「あら、羽生名人?」

と母に言わしめるくらいに似ているのです。

 

なので○○戦など理解できなくても

「あら羽生さん、また勝ったんだ」

と素人なりの暖か~い目で見ていました。

 

衝撃的な四文字熟語

  

羽生名人が以前、時の総理大臣に贈った将棋板がワイドショーで紹介されていました。

その箱に書かれていた言葉。

 

f:id:pixt:20171207105130j:plain

 

『泰然自若』

何事にも動じない心。

 

…あぁ。

自分に足りないものだ。

咄嗟に悟りました。

 

事あるごとに左右される気持ち。

ある程度はコントロール出来る歳になり、こと仕事では焦る事がないようにしてきたつもりですが、まだまだだと痛いほど感じました。

 

今回の母の緊急入院に関しては身内ですから焦って当たり前なのですが、その前後にアタフタしていて、必要以上に気力を消費していたと感じるのです。 

今の自分に足りないものは数えきれない程ありますが、必要としなければいけないもの、それが

『泰然自若』

この言葉だと感じるのです。

 

仕事で突然起こるトラブルに対応するには事前の用意が必要ですし、どのようにも対応出来るようイメージトレーニングも必要だと思っています。 

ただ、仕事以外で予想していないものに対しては、人はあまりにも無防備で。

不意な出来事が起きた時、その時点で最善な答えを出せる冷静さを、どこかで持っていたいと思うのです。

動揺はしても感情に左右される事なく、対処出来る事が理想なのだと。

  

負の感情に囚われない為に 

 

病院は苦手です。

得意な人は、そうそういないとは思いますが。

自分の場合、ICUに4度入った父に付き添っていた事もあり、次々と入ってくる救急車のサイレンの音、慌ただしく行き交う医療関係者の足音、泣き叫ぶ家族の声、それらがまだ記憶に焼きついていて…

あの時の胸をえぐられるような不安な気持ちと悲しい気持ち、それが一気に甦えってしまうのです。

 

こんな時どうすれば良いのか…

もし沸き上がる不安と悲しみを抑えるくらいの冷静さがあれば、後々母の為に何をすべきか、初期行動を取れたと思うのです。

 

人間は不完全なもの。

こと自分などは好きな事しか選んで来なかった、頭でっかちな大人子供のようなもの。

不完全過ぎて建て直しようもないポンコツなので、今、ここからやり直さねばならないのです。

 

羽生名人直筆の『泰然自若』

それをコピーしてスマホの待ち受けにし、来年は事あるごとにこの言葉を見て、自制していきたいと思う次第です。

 

 

まずは…

将棋、始めてみようかなぁ…  (そこからかい!)

 

麻雀なら結構出来るんですけどね(笑)

 

 

 

Richard Clayderman リチャードクレイダーマン / Best 【CD】

価格:2,037円
(2017/11/21 03:43時点)
感想(0件)

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます