フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

カムバック サーモン

 

f:id:pixt:20181022141133j:plain

 

新巻鮭ではありません。

 

f:id:pixt:20181010145955j:plain

 

鮭は生まれた川に戻って来ます。

こんなにボロボロに傷ついて…

 

f:id:pixt:20181010150025j:plain

 

おや?

尾びれが欠けてますね。 

 

f:id:pixt:20181010150055j:plain

 

実は、豊平川沿いの鮭のモチーフでした。

(…というオチでした) 

 

 

秋鮭の季節到来

 

秋鮭の美味しい季節となりました。

鮭は色々な料理に使えます。

石狩鍋、ちゃんちゃん焼き、フライ、焼き鮭、ホイル焼き、アラ汁と。

 

卵はイクラか筋子に。

白子はバター焼きや、揚げ出しに。

 

鮭の腹を割いて、丸ごと1本荒塩にまぶして山漬けに。

そしてそのまま新巻鮭にしたり。

荒塩を洗い流し、一口大に切って飯寿司として樽に漬けたり。

 

加工によっては『鰹ぶし』ならぬ『鮭ぶし』に。

良いダシが出るそうです。

身を切って干したり燻製にして『鮭とば』に。

本当に鮭は骨以外、捨てるところがありません。

青魚の臭みもなく、食べやすい魚と言えると思います。

 

家庭では殆ど作らないと思いますが、居酒屋や小料理屋で出されるものの中に、血合いは『めふん』に、頭の軟骨は薄くスライスして『氷頭(ひず)』として出されるものもあります。

これらは日本酒を嗜む方が楽しむ『酒盗』と呼ばれる珍味になります。

自分はちょっと苦手ですが、好む方は少なくありません。

 

 

苦い思い出

 

秋鮭と言えば数年前になりますが秋鮭漁の撮影をしました。

ひと回り大きい船への入れ替えの為、最後の漁になる船の記録として、漁業長から撮影の依頼を頂いたのです。

10月の、今頃の時期だったと思います。

 

その時、自分は…

 

恥ずかしい事に撮影中、沖で船酔いをしてしまいました。

撮影は最後まで根性で貫いたのですが、陸に上がり、自分の車に戻った途端にマーライオンに (笑)

船上では、せっかく勧めて頂いた漁師メシも口にする事が出来ず、ただただ遠くの陸地の明かりを見ていた記憶があります。

板長さんが作った料理は、実に美味しそうだったのですが…

本物の漁師メシを味見出来なかった事が、今でも残念な思い出となって残っています。

 

 

今年の漁は…

 

今のところあまり良いとは言えないそうです。

海水の温度が高く、漁獲漁が不良と言われた昨年よりも少ないのだとか。

それでもまだ年内は鮭漁が続きます。

なので少しでも回復するよう、漁師さん達は願っているのだとか。

美味しい鮭料理を口にする為にも、自分もまた漁獲量がなんとか回復する事を願っています。

 

 

 

 

 

f:id:pixt:20181013171135j:plain

 

 

f:id:pixt:20181013170633j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20181013170859j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20181013170940j:plain

 

雪虫を見ました。

雪虫とは白い綿毛をまとった羽アリのような虫で、北国では雪虫を見ると2週間から20日程度で雪が降ると言われています。

毎年この雪虫をみると

「いよいよ来たか…」

そんな気分になります。

 

冬本番がすぐそこに。

ひたひたと足音をたてて近付いて来ます。

 

来る…

奴が来る…

容赦ない寒さで人の心まで凍らせる白い冬が…

 

レリゴ~  レリゴ~  ♪

もう寒くないわ~♪

 

いえ、寒いです。

半端なく寒いです。

冬眠したくなるくらい寒いです。

秋なのに、楽しめない自分が悲しいです。

 

 

 

エゾリス 再び

 

先日エゾリスの写真を載せました。

 

www.pixt-photo.com


 枝に跳び移る瞬間を狙った会心の1枚。

 

…はい、嘘です。

突然のエゾリス出現でカメラの用意をしておらず、後にも先にもあの1枚しか撮れませんでした。

なので今回、改めて晴れ間をみて撮影に行って来ました。

 

研究林の中を歩くこと10分。

見つけました。

エゾリスです。

 

f:id:pixt:20181013002002j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20181013002133j:plain

 

無心に木の実を食べています。

これから長い冬。

冬眠の為に栄養を溜め込まなければなりません。

 

いえいえ、そうではありません。

 

エゾシマリスは冬眠しますが、エゾリスは冬眠をしないのです。

同じリスなのに、不思議ですね。

因みにエゾシマリスはこちら。

 

f:id:pixt:20180412160415j:plain

 

↓ こちらがエゾリス。

 

f:id:pixt:20181013002213j:plain

 

 

よく見るとエゾリスのお腹は白いんですね。

しかも以外とスリム。

 

 

f:id:pixt:20181013002243j:plain

 

そしてこの耳。

正面から見ると不思議な形をしています。

何かに似てると思ったのがこれ「となりのトトロ」でした。

 

f:id:pixt:20181013124522j:plain

 

f:id:pixt:20181013124545j:plain

 (画像をお借りしました)

 

 

こうしてみると、トトロにはエゾリスの要素が含まれているかもしれませんね。

架空の生き物ではありますが。 

 

…と、そんな事を考えている内にエゾリスはスタタタと木をかけ登り、姿を消してしまいました。

 

f:id:pixt:20181013125738j:plain

 

なぜこうも小動物って可愛いんでしょうね (笑)

また機会を見てエゾリスを撮りに来たいと思います。 

 

 

もの想う秋

 

f:id:pixt:20181010140538j:plain

 

木の葉も色づき、秋が足早に駆け抜けて行きます。

白い冬はもうすぐ。

長い、長い冬がすぐそこに…

 

彩りの秋を心から楽しめれば良いのですが、これから来る厳しい寒さを思うとため息が…

来年3月までの長い冬。

 

あぁ…

南の島に移住したい。

 

毎年、こんなことを言っている気がします (笑)

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                

飛ぶエゾリス

 

f:id:pixt:20181007203146j:plain

 

紅葉の様子を見に久しぶりに大学研究林に行って来ました。 

 

雨の降りそうな天気。

空を仰いで歩いていると、すぐ足元でカサカサッと枯れ葉の音がしました。

エゾリスです。

人間の気配に驚いたエゾリスは、木の幹を駆け上がって行きます。

カメラを向けた時には、小枝を蹴って近くの木に跳び移る瞬間でした。

露出不足で写真ではエゾリスと確認出来ないのが残念ですが… (笑)

雨がパラパラと降り出したのでそれ以上追わずに戻りましたが、紅葉もエゾリスも、いずれまたチャレンジしたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

写真で作った絵画展 ~ その伍

 

f:id:pixt:20180929132406j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20181001215654j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20180929133155j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20181001215742j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20180930211119j:plain

 

今回は『木』で仕上げてみました。

 

漢字で『壱、弐、参、肆、伍』ときた『写真で作った絵画展』ですが

次回から普通に『6、7、8、9』と数字でいきます。

作っている本人が解らなくなってきたので (爆笑)

カッコつけるもんじゃありませんね。

 

久しぶりに楽しんで加工出来た作品です。 

どうぞごゆっくりご覧下さい。

 

 

台風接近

 

f:id:pixt:20180929132231j:plain

 

大型の台風21号が日本列島に近付いていますね。

特に風が強く、沖縄ではひっくり返った乗用車が数台あるとか。

 

前回の台風では自分の実家の壁が剥がれ、2階の窓の手すりが外れてしまいました。

この時の台風よりも今回の台風は威力が大きいとのこと。

 

強い台風 →

震度7の大地震 →

そして極めて強い台風

 

もうね…

 

どんだけ~!

背負い投げ~!

と、冗談でも言ってないとやってられません。

 

皆さん、どうぞ充分に気をつけて下さい。

どうしても外出しなければならない時、建物の壁沿いに歩きたくなるものですが、看板やシャッターなど思いもよらない物が飛んで来ます。

自分もちぎれたシャッターの破片が、頭から降ってきた経験があります。

何卒、注意に注意を重ね、ご自身の安全に努められて下さい。

 



※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます