フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

安平町 菜の花畑 2018

 

f:id:pixt:20180522004339j:plain

 

 

f:id:pixt:20180522004631j:plain

 

 

f:id:pixt:20180522004816j:plain

 

今年で3年続けて撮らせて頂いている菜の花畑。

こちら道南は安平町。

北海道は滝川市に次いで2番目に広い菜の花畑が広がっています。

f:id:pixt:20180522020311j:plain

室蘭本線の安平駅から追分駅にわたる広い区間に菜の花畑が点在しています。

毎年花を植える畑を変える為、同じ畑で2年続けて咲く事はありません。

なので毎年どんな風景が撮れるのか、行ってみないと解らないのが楽しいところです。

緩やかな丘陵が点在している地形の為、撮る場所によって様々な表情を見せてくれるのが安平町の菜の花畑の特徴だと言われています。

 

 菜の花畑に魅せられて

 

3年前に初めて菜の花を撮りに来た時、小さな赤い橋を見つけました。

鮮やかな黄色い花越しに赤い橋。

良いシチュエーションの写真が撮れたとその時は思ったのですが、その後写真を見返す度に、もっと撮りようがなかったか、もう少し違った角度から狙えば良かったかなと、後悔がふつふつと沸き上がってきたのです。

翌年リベンジと思いあの場所へ向かったのですが、赤い橋が見える畑に菜の花は咲いていませんでした。

1度使った畑は3~4年は休ませるらしいので来年か再来年、もしくはもう少し先にまたあの景色に会えるでしょう。

納得いく写真はなかなか撮れないのですが、それでも毎年1度は訪れ、その年にしか撮れない1枚を残そうと思っています。

 

安平町の菜の花畑は6月中旬までの開催ですが、撮影予定をされている方はなるべく早めに行かれることをお勧めします。 

 

k-nanohana.com

 

尚、安平町では純粋な菜の花のハチミツや菜種油を採取して町の特産品として販売しています。

なので畑の近くに蜜蜂の箱が置いてある所もありますので、小さなお子さんを連れての撮影では充分に気を付けてあげて下さい。

蜜蜂、結構ブンブン飛んでます。

 

f:id:pixt:20180522215907j:plain

 

 

 

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます