フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

原風景

 

f:id:pixt:20180924192413j:plain

  

日高での仕事を終え、帰る途中にこの風景はありました。

車なので一瞬だったのですが、目に焼き付いて離れません。

暫く走って、やはりどうしても撮りたくなり来た道を戻ることに。

 

何が…とか、

どこが…とか、

上手く説明出来ないのですが、 懐かしい感じがするのです。

 

緑に囲まれポツンと佇む古い納屋。

もう使われていないのでしょう。

トタンは錆び、屋根には落ち葉が。

自然に淘汰される過程、その一瞬に触れた気がしてたまらなく切なくなる気持ちと、許され包みこまれるような温かさを感じ、突き動かされるように撮らせて頂いた1枚です。

 

f:id:pixt:20180918123125j:plain

 

 

f:id:pixt:20180918123201j:plain

 

毎回日高での撮影は、日付けが変わる頃に帰るか、または車中泊なので、この風景に出会えたのは幸運だったと思います。

 

 

 

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます