フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

見てはいけないモノが 実は見て欲しいモノでした

 

前回の記事の続きになります。

 

函館出張の1週間ほど前に日高出張がありました。

今年2回目の日高です。

 

f:id:pixt:20180918123218j:plain

 

真夏の夜のキャンプファイアー。

仕事ではあるのですが、楽しませて頂きました。

 

深夜にゾッとした話し

 

1日の撮影を終え、予約していた宿『ひだか高原荘』に向かいました。

いつもは深夜に車で帰るか車中泊なのですが、今回は日高国際スキー場の麓にある『日高高原荘』を予約していました。

 

初めて行く場所だったのでカーナビを使ったのですが、細い私道に入れとの案内が。

…えっ?

こんな所?

と思うほど暗く、とても宿泊施設の入口とは思えない道です。

 

暗闇の中をゆっくり走っていると、途中ドキッとする光景が…。

真っ暗な闇の中に人影が浮かんでいます。

ヘッドライトに浮かぶ人影は近づくにつれて子供のものだと解りました。

宿泊学習の学生ではないのはすぐに解りました。

小さな影、幼児までいたので。

一瞬ヒヤッとしました。

これは、もしかして……

 

近付く車に気が付かないのか、子供達はじっと立ったまま振り向きません。

一体何を見ているのか…

Uターンしようかとも思ったのですが、防犯上、声をかけなければ…とも思いました。

意を決して側まで行くと…

 

人ではありません。

ビビっていた『霊』の類いでもなさそうです。

それは人形。

人間の服を着ているリアルな人形だったのです。

 

人形だと解った途端に、今度は違った恐怖が…

なぜこんな所に…?

確かめたい気持ちはありましたが、見てはいけないものを見てしまった気がして、そそくさと宿に向かったのです。

 

不気味な人形の正体は…

 

翌日の朝、深夜に見た不気味な人形があった場所へ行ってみると…

 
f:id:pixt:20180918122040j:plain

 

あら嫌だ。

不気味でもなんでもなく、可愛い子供のカカシ(?)でした。

何かを見ていると思ったのは花畑を指さしていたのです。

 

f:id:pixt:20180918122649j:plain

 

顔を見てみると…

うん、少し不気味かも(笑)

 

更にこんなものも 

 

f:id:pixt:20180918122725j:plain

 

そして近くには、こんなカカシもありました。

ゲレンデガーデンでウェディングでしょうか。

 

f:id:pixt:20180918122800j:plain

 

味のあるお顔ではありますが…やはり少し不気味です(笑)

どうぞお幸せに。

 

f:id:pixt:20180918122836j:plain

 

こちらもまた味のある可愛いカカシ。

素敵です。

 

誰が作ったのか解らないのですが、遊び心があり、ついほほえんでしまいました。

昨夜、入り口を間違えてここを通らなければ、気付かずに帰ったかもしれません。

寄り道はしてみるものですね。

思いっきりビビっていましたが…

 

でもやはり深夜に見るのは心臓に悪いです(笑)

 

 

 

 

※ 当サイト掲載の写真はサイト運営者に帰属するものであり 無断使用、転載は固く禁じます